節約実践~読書家がおススメする節約収納

スポンサーリンク

本棚に本が収納できない…そんな時は?

読書が趣味なのですが、大量に本を購入してしまうことがあり、本棚は常にいっぱいになっています。

新しく本棚を置くということもできないので、数冊は処分することにしました。

 

しかし、それでもたくさんある本の数々。

これらを納めるために私が取った手段は、ティッシュボックスを使用するということ!

 

ティッシュボックスって、幅が文庫本のサイズとピッタリなんですよ。

そう、ティッシュボックスを本棚へ縦に入れると、横で並べるよりもたくさん収納することができるのです!

 

ティッシュボックスの長さが、私が使用している本棚にもピッタリ。

もし、ティッシュボックスが飛び出すというようであれば、紙製だからカットしてサイズを変更するということも可能です。

スポンサーリンク

ただ、そのままの状態だとやっぱり見た目に良くないですよね。

 

なので、私はティッシュボックスに白い紙を貼り、マスキングテープを貼っています。

白い紙を貼る理由は、そのままマスキングテープを貼ると、地の色や文字が透けてしまい、チープさが増すからです。

白い紙を下地として貼るだけで、全然見栄えは違うものになります。

 

最近のティッシュボックスは高さも低めの物が多いので、使用するなら高さのあるタイプが良いかと思います。

実際に本棚に3箱ほど利用してみましたが、今までおさまらなかった本がきちんと縦に収納することができました!

むしろ、少し余裕もあるくらいです。

 

しかも、表側に表紙が見えるので、好きな本を表に出しておくこともできます。

本棚の収納がないと困っている人にはおすすめしたい方法です。

 

 

スポンサーリンク

-PR-
-PR-

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA