望む現実にするためにも~引き寄せの法則を理解しよう

スポンサーリンク

引き寄せの法則の真髄はエネルギーと共振であり、

テレビなどの番組視聴するの一緒の理屈が働きます。

 

見たい現実に自分の周波数合わせ送信するだけ。

この単純な仕組みが働いているに過ぎないのです。

 

そして引き寄せの法則を自分にとってプラス方向に作用させたければ

理想の現実の周波数を自分が発すればいいのです。

 

つまり、うまくいかないといろいろな引き寄せの本を研究して、

その方法よりほかの方法がないか、もっと手っ取り早い方法はないか等と

法則ジプシーみたいになってる方は、

うまくいかない現実の周波数を出しているわけです。

 

 

シンプルにいうと、見たい現実と同じ周波数を、今発してみるということ。

でも、見たい現実と同じ周波数を出すといっても、具体的にどうすればいいの?と思いますよね。

 

FM東京であれば80.0メガヘルツという周波数がありますが、

見たい現実周波数は何か?ということになり、

具体的に合わせる数字などはわからないですね。

 

わかっても仕方がなく、「いま何メガヘルツの波動を出して!」といわれても無理ですw。

そして自分には理想の現実の周波数は今よりもっと高いことは間違いないです。

 

人はその周波数ぴったり一致するといったことがわかるよう、あるものをもって生まれてきてます。

それは感情であり、これが自分が出してる周波数のバロメーターとなります。

そしてマザーテレサなども感情に注意しましょうなどメッセージ送ってるわけです。

スポンサーリンク

 

何かのめりこんでるときに楽しくて仕方がない、

安心だなど自分が出してる周波数は自分には最高の波動を出してるときです。

そして理想の現実は自分にとって最高のことで、それが現実となればとてもうれしく最高でしょう。

 

望む現実と同じ周波数を出すためには、

「今、ここで、何かに熱中する」「今、自分に安心できる環境に身を置いてみる」

ことで実現することが可能です。

 

「望んだ結果が出るから楽しい」ではなくて、

いま楽しいので、同じ周波数のがやってくるという順番なのです。

 

そしてこの世に肉体もって生まれれば、

地球で経験しようと思って楽しみにしたことを忘れてしまいます。

 

いままで生まれてきた中でのつらい思いなどをしたおかげでついた自分の思考癖のせいで、

自分が心から楽しめることがわからない方が多いのです。

 

また自分は何が好きかわからない、夢が見つけられない、何にも興味がない等、

抜け殻のようになっている人も少なくありません。

 

今、ここで、自分自身を楽しむ。

ワクワクだったり、熱中だったり、感謝だったり。

ポジティブな言葉を使いましょう。

 

あなた自身の感情が、

あなたの首の後ろや後頭部から「波動」となって

この世界に働きかけているところを実感しよう。

 

あなたの発したひとつの楽しい波動は世界に広がり、

こだまのように何倍にもなって、

あなた自身に帰ってくるでしょう。

 

「引き寄せる」ためには

先に自分から「発する」ことが必要なのです!!

 

 

スポンサーリンク

-PR-
-PR-

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA