自分の人生を生き始めたら幸せな恋愛を引きよせた

スポンサーリンク

私はもともととても強い依存体質でした。

 

学生の頃は自分やりたいことよりも、

周りにどう思われるか、友達に仲間はずれにされないか、

そればかりに重点をおいて、とにかく自分自身を見失っていたと思います。

 

周りと同じように進学し、周りと同じように就職し…

一見は順調にいっているようにも見えますが、私はこと恋愛においてはそれは酷い状況でした。

 

私は好きになる男性にはなぜかいつも大切にされず、

冷たく扱われ、たまに気まぐれの優しさに振り回されてボロボロになるばかり。

 

そんな頃、書店では「引き寄せの法則」などの本がブームになっていました。

私はスピリチュアルに興味のある方だったので、何冊か持っていましたが、

あまり効果を感じられなかった為に途中放棄していたのです。

 

しかしそんな私を変える出来事が起こりました。

当時恋人関係にあった男性が起こした小さな事件が、私の友人を巻き込んで、

その結果恋人とも友人とも険悪な仲になり私は孤独に陥ったのです。

 

精神状態はボロボロで、食事も殆ど喉を通らず、なんとか仕事をし家に帰るだけで必死でした。

誰からの連絡も来ない携帯を触るのも嫌で、家にある本を読み、その時改めて引き寄せの法則を読み直し、

藁にもすがる思いでまたひとつひとつ実践していくことにしたのです。

 

「自分の波長と同じものを引き寄せる」それは私の心の中と同じもの。

周りに合わせて周りから受け入れてもらおうとする弱く狡い心。

スポンサーリンク

だから私の周りには狡い人が集まってくる?

 

「自分の人生は自分で創る」

私は私の人生は、周りの人間によって創られるものだと思っていた。

いかに受け入れられるか、愛されるか、認められるか。

 

私は私の中身が恐ろしいほどに空っぽだと気づきました。

外見だって自分の好きなものじゃなく世間に合わせたもの。趣味だって世間にウケの良さそうなもの。

涙がボロボロと流れて嗚咽まで出てひとしきり泣いたその後は、妙にエネルギーが湧き、うずうずして買い物に出掛けました。

 

自分の好きな服を買い、小さい頃から趣味だったイラストの道具を買い、

休日は家にこもって思い切り自分の世界に入り楽しみました。

 

それから半年ほど、疎遠だった友人とはまた少しずつ交流を取り戻し、以前の恋人とは別れました。

寂しかったけれど、どこかスッキリした気持ちでした。

 

その時私には同じ職場でアプローチしてきた男性がいました。

恋人と別れ、趣味を楽しみ、自分の好きなものを身にまとった私の雰囲気が変わったと察したのか、

何度かデートを重ねるうちに告白されました。

 

不思議とその頃私はあまり恋愛に拘っておらず、

でもその彼のことは尊敬していたし好きだったのでとても幸せな気持ちでした。

 

引き寄せの法則にある、手放すと手に入るという法則はそれは、私には

「周りに受け入れてもらうことをやめ、自分で自分の人生を生きる」

ということにあったのかなと今では思います。

スポンサーリンク

-PR-
-PR-

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA