うつ病とポイントサイトに親和性があるという真面目なお話。

スポンサーリンク

皆さん、ポイントサイトってどんなイメージですか?

「ポイントはお得なんだろうけど、結局買い物しなくちゃいけないんでしょ?」

「もらえるのはせいぜい2円とか5円とかで、それなのにけっこう面倒くさいんでしょ?」

たいていの方はこのように感じていると思います。

ところが!

このイメージはまるきり当たっていますww

 

「え、ポイントサイト勧めるんじゃねえの?」

「どうせ、このページの下にバナーがあって、客集める魂胆なんでしょ?」

これも当たっていますw

だったら、なぜ改めて紹介するの?

 

その答えは、

私がポイントサイトのおかげで、

まさに人生のどん底から救ってもらった経験があるからです!

↓私の人生どん底の時の様子はこちら
月にたった「500円のお小遣い稼ぎ」が、社会人の私の人生を変えた。

ポイントサイトに、私はどのようにして救ってもらったのか?

なるほど、確かにポイントサイトは、

2円とか、5円とか、ちゃっちい額しかゲットできません。

しかし、それは

「一回のタスクにつき」という条件が頭についています。

一回で2円しかもらえなくても、

100回行えば200円。

500回行えば1000円です。

このへんは、すんなり理解できますよね。

でも、

「面倒くさいのを100回もやって、たったの200円かよ!」

こんな気持ちになるでしょう。

 

無理もありません。

当然の感情です。

 

心身共に健康な時ならば

バイタリティーに満ち溢れ

意欲も能力もあふれ出ているでしょう。

しかし、うつ病という疾患により

仕事はおろか、食事や睡眠すらにも「意欲」が沸かない時、

喪失感と無力感で押しつぶされてしまっているとき、

あなたは、何をもって、

「生きている」ことを自分自身に証明しようとするでしょうか。

 

生命、それは創造するという価値そのもの。

仕事、労働とは

自分自身の肉体、能力、時間をリソースを用いて

賃金という価値を創造する行為そのもの。

昨今ではブラック企業の台頭などで

労働=搾取 といった見方も広まってはおりますが、

賃金という価値を生み出し、世の中多くの人が行っている行為であることは明らかであり、

多くの人間が、仕事という手段によって賃金という価値のみならず

「自分自身の存在意義」をも世に生み出しています。

で、

うつ病の真っただ中にあるときの心理状態として

無気力でなんにもやる気にならないにもかかわらず、

この「自分自身の存在意義」に飢えているという

まさに矛盾した状況下に置かれてしまいます。

 

私に襲い掛かった、この矛盾した状況。

それを改善してくれたのはアンケートポイントサイトの存在でした。

 

うつ病でもアンケートに答えられる時もある。

うつ病というのは状態に「波」があります。

波のどん底のときは、もう、何もかも閉ざされていますので、

ただただ希死念慮にとらわれないようにするしかないのですが、

まれに、波の状況が上向くときがあります。

 

そんな時は、「なにかちょっと」

やってみたくなることもありました。

最初はゲーム(PS4のドラクエ)をやっていましたが、

「仕事もしてないのにゲームなんて」という自分を責めたてる幻聴が襲ってきます。

そんな繰り返しの日々の中で

「アンケートに答えてポイントを貯める」という行動をとってみたところ、

なんと、自分でも不思議なくらい、病状の改善がを自覚できたのです。

おそらくは、

スポンサーリンク

たった数ポイント、金額にして数円程度であったとしても

「自分自身でお金を生み出せる」ということが、

自分にも価値があるという思いを紡ぎ、

自己有用感、自己承認欲求などの

枯渇していた感覚をいくばくか満たしてくれたであろうこと。

さらにうつ病の自分にとって都合がよかったことは、

「いつ」でも、「どこ」でも、「できた」ことである。

言い換えれば、

数日間のうちに10分あるかないかの調子のいい時に、

自分の居場所であるベッドの上でもスマホがあればやることができたこと。

うつ病にとって、ベッドの上は唯一、自分が存在していても大丈夫な場所です。

ちょっと調子がいいからと言って、

リビングに行ってパソコンを起動するなんてことも難しいのです。

 

アンケート方式のポイントサイトは、

まさにうつ病の状態にある私にとって、

社会復帰リハビリの第一歩ともいえる存在でありました。

うつ病でもできるなら、多忙な人だって小遣い稼ぎできる!

うつ病で休職していた私は、

元気と気力はゼロでしたが時間は多量にありました。

かたや、発病前の多忙なサラリーマンの時の私はほぼ真逆で、

仕事への気力はあっても自分の時間はほぼゼロでした。

 

両方の状態を経験した私だから言えることとして、

どちらも幸せとは程遠い状態です。

 

その辺の人に相談すると、

物知り顔で言うでしょう。

バランスが大切なんだと。

違います。

必要なのは、自分を開放するという「希望」です。

バランスなんか役に立ちません。

 

バランスなんて、しょせんシーソーという不安定な足場の上で安定を図るだけの付け焼刃です。

 

そんな現状を突破するには?

「常に不安定なシーソーの上に居なくてはいけない」

そんな思い込みをぶち壊す必要があります。

今は、シーソーの上かもしれない。

仕事をしている間はそれも仕方ないかもしれない。

だが、自分の本当の居場所はここではない。

足元のシーソーばかり見ていないで、

顔を上げて周りを見ることができたとき、

自分のいる公園がいかに狭い世界なのか気付くのです。

自分がその気になりさえすれば、

自分の足でシーソーから降り、

公園の外に行き、

電車でも船でも飛行機でも、

なんにでも乗れてどこにでも行くことができるのです。

それをできなくしているのは、

出来ないという思い込み。

時間もお金も自由もないから何もできないという思い込み。

多忙なサラリーマンの時の私は

まさにこの状態でした。

自分には何もできないというのは間違いでした。

通勤の電車の中でも、

注文したランチが届くまでの時間でも、

取引先が遅刻して思わず時間ができたときも、

スマホでアンケートに答えてポイントを貯める時間はあるのです。

貯めたポイントはお金になる。

自分の力のみで貯めたお金は、

自由を掴むための資源になる。

なんにもないところから、

ポイントを貯めてお金を創りだし、

お金を用いて人生の自由をも創りだす。

 

アンケートポイントサイトは、

まさに現代の「錬金術」の入門編と言っても過言ではない。

このブログでは、

私が実際に利用したアンケートポイントサイトや、

ポイントの貯まりやすいサイト、利用しやすいサイト等をまとめ、

効率的な貯め方も紹介していく。

 

↓おススメのポイントサイトとその解説

忙しいあなたでも絶対貯まる!おすすめポイントサイト3選!

 

スポンサーリンク

-PR-
-PR-

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA