同じ作業工程のものはまとめてしまう

スポンサーリンク

私が毎日の暮らしの中で少しでも効率良く家事を行えるように心掛けていることは、

料理の工程において、同じ作業のものは、順にまとめてしてしまうようにしています。

 

例えば、買ってきた野菜を茹でる作業ですが、献立の度に一から野菜を切って茹でてをしていたのでは、毎回のことですし、時間的にも無駄にかかってしまいます。

なので、野菜は買ってきた段階で、切ってまとめて茹でてしまい、タッパに入れて冷蔵庫に保存するか、ジッパー袋に入れて、冷凍してしまいます。

 

またこの時、野菜を茹でるにも順番をしっかりと考えて、わざわざお湯を入れ替えて再び沸騰させて、無駄にガス代をかけなくてもいいようにします。

スポンサーリンク

なので、もやしやブロッコリー、人参などを先に茹で、最後にはアクの強いほうれん草を茹でる、と言った感じです。

 

また、更に私はこの茹でる作業ついでに、よくスパゲティやマカロニも茹でてしまいます。

茹でてスパゲティなら少しだけ油をからめてジッパー袋に入れて冷凍保存したり、マカロニも小分けしてラップに包み同じく冷凍保存しておきます。

 

こうしてどうせなら茹でるという同じ作業ついでに野菜のみならず茹でた食品を保存しておくと、

お弁当のおかずにも手軽に一品として使いやすいですし、時間が無いときの食事作りにも時短にもなり、とてもお勧めです。

スポンサーリンク

-PR-
-PR-

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA