みかんの皮は役に立つ!

スポンサーリンク

古くからある日本のみかんは、食べたあとも様々な場面で活躍してくれます。

食べたあと残る皮は食べることもできますが、それより家の中の掃除やお風呂タイムに利用してみましょう。

 

ホームセンターで見かけるオレンジオイルを配合した洗剤もあるように、汚れ落としやつや出しの効果があるリモネンやクエン酸などがみかんに含まれています。

そこでみかんの皮で自家製洗剤を作り、その性質を利用しましょう。

 

鍋に水400ccとみかん4個分の皮をちぎって入れ、15分ほど煮ればでき上がりです。

雑巾にできた煮汁をつけ、気になる汚れを拭くか、100均などで売っている霧吹きに入れて使うと便利です。

スポンサーリンク

 

保存料が入っていない自家製洗剤は長期保存できませんが、天然素材のため、小さなお子さんのいる家庭でも安心して使うことができます。

しかし、ワックスや農薬のかかっているみかんを使用する場合、水でよく洗ってから作る必要があり、注意しましょう。

 

さらに、ゆず湯のように丸ごとプカプカと浮かべてみかん風呂を楽しむことができます。

丸ごと浮かべるのではなく、日が当たらない場所に皮を1週間以上干しカサカサになった皮を目の細かいネットに入れて浮かべると、中身を無駄にすることがありません。

 

スポンサーリンク

-PR-
-PR-

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA