電気代の味方・ブレーカー?

スポンサーリンク

様々な電化製品が生活に密着する現代では、当然電気代は高くなります。勿論皆さん電気代を抑えたいとお思いでしょう。

電気代を抑える手法として有名なのが、電化製品を使用していないときはコンセントを抜くこと。

電化製品の待機電力を消費させないことで節電・節約になります。

 

ですが、これには一つの問題があります。それは、コンセントをいちいち抜くのが面倒だということです。

しかもケーブルが断線する恐れもあり、あまりコンセントには触りたくないという人もいるでしょう。

そこで、代わりにブレーカーを落とすという方法があります。

 

ブレーカーには幾つか種類がありますが、一番小さいブレーカーには大抵部屋の名前が書いてあります。

スポンサーリンク

このブレーカーたちはその部屋ごとに電気を流すためのブレーカーなので、

使用していない・または止めてよい電化製品しかない部屋の名前が書かれたブレーカーを落とすことでその部屋のコンセントを全て抜いたのと同じ効果が得られます。

 

 

しかし、ブレーカーを落としてはいけない部屋というものが存在します。

 

まずはキッチンです。冷蔵庫も当然止まってしまい、中の食品が腐ってしまうのです。

また、エアコンのある部屋も危険です。エアコンは室外機・室内機共に常に一定の温度を保つために電気を消費しています。その電気を止めてしまうとエアコンが壊れてしまう恐れがあり、大変危険です。

 

ですがそれらの部屋に気をつければ、ブレーカーを落とすことで電気代を大きく節約できます。

 

スポンサーリンク

-PR-
-PR-

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA