子育てママが、読書好き子供の書籍代金を節約する方法とは?

スポンサーリンク

図書館は本代の節約のためにある!

我が家では書籍全般に対して節約しています。

まず、子どもが大の本好きで、単行本を毎月10冊は読みます。これを現金に換算すると、1冊1500円と見積もって、一ヶ月で15000円になってしまうのです。

 

そこで、図書館を徹底活用しています。

最近では、家の近くの図書館に読みたい本が置かれていない場合でも、インターネットで予約すると他の図書館に蔵書があれば、無料で取り寄せてもらえます。

 

新刊でも児童書はそんなに待たずに借りられるので、とても助かっています。

たぶん、図書館で借りた本を全部購入していたら、100万円はかかっていたと思います。

スポンサーリンク

 

また、本はお金がかかるだけではなく、大量に購入すると置き場所にも困ってしまうので、家のスペースの節約にもなっています。

 

 

ただ、図書館は一部を除いて、漫画は置いていません。そんな時は、漫画のレンタルショップに行きます。

まとめて10冊借りると割引になる、などのサービスがあるので、読みたいなと思う漫画をある程度ためておいて、まとめて借りています。

そして、まだ完結していない漫画は借りないようにします。いま現在、連載中の漫画を借りると、どうしても続きが気になって、新刊が出ると購入したくなるためです。

 

本代は徹底的に節約、蔵書は置かない主義です。

 

スポンサーリンク

-PR-
-PR-

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA