手間暇かけて計画的に食費を節約!

スポンサーリンク

食費の節約には時間と手間をかけることが大事

食材の買い出しは週1回から2回にとどめ、できるだけスーパーに行く頻度を減らします。

スーパーに行く前に、新聞のチラシやスマホのクーポン券を隅々までチェックし、4日から7日ぶんのメニュー予定を書きだし、買うものを事前にメモ書きしてから買い物に行くようにしています。

こうすることで余計なモノを買わず、スーパーに留まる滞在時間を少なくします。

 

スーパーは2、3件ははしごし、1円でも安いものを求めると共に、タイムセールを狙うようにします。

スポンサーリンク

帰宅後も冷蔵庫や戸棚に食品をただぶち込むのではなく、魚と肉とイカと海老は小分けして真空パックして冷凍庫に入れ、食パンも1枚ずつアルミに包んで冷凍庫に入れ、野菜は新聞紙で包んで野菜室に入れています。

 

ネットで見た保存方法をことごとく試しています。

戸棚にしまうものは紙に日付を書いたものをセロテープで本体に貼り付けて収納しています。

冷蔵庫のホワイトボードには、ウインナーやチーズやヨーグルト等の日にちを記載して、常に賞味期限を見れるようにしています。

 

買いだめは最小限に、野菜は皮さえ無駄にせずに使い切るのが基本であり、パセリなど使うのが少量で買うのがもったいないと感じるものはプランターで育てています。

面倒くさいと思わずにやることが、食費の節約に繋がります。

スポンサーリンク

-PR-
-PR-

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA